2017年9月6日水曜日

金平糖袋の作り方(縫い方編)4裏布と口布を縫う


金平糖袋の作り方(準備編)
金平糖袋の作り方(縫い方編)1袋布90枚を繋ぐ
金平糖袋の作り方(縫い方編)2袋布1列9枚を繋いでいく



10列の留め縫いを全部終えた状態です。(*´▽`*)
やっとこやっとこ先が見えてきました。(笑)


三角形が連なる感じになりました♪
おむすびが並んでるみたいに見えるのは
食いしん坊な私だけでしょうか?(///∇//)

次は裏布です。
41cmの幅を2つに折って印の所を端から端まで
返し縫いで縫います。


そして口布は内側が表になるように
2枚を合わせて待ち針を打ちます。



↑ 端から1.5cmの印まで返し縫いで縫います。


そして4ヶ所が縫えましたら縫い代を割って
三つ折りにして待ち針を打ちます。


三つ折りにした部分を、表に小さく針目が出るように
くけ縫いします。




これも4ヶ所くけ縫いが出来れば完成です♪



そして口布と裏布を袋布に縫い付けます。


口布、袋布(表)、袋布(裏)の順番で重ねて
待ち針を打ちます。

上から見ますと筒状になっていて
裏布の表が見えれば正解です。(*´▽`*)

裏打ちをしているので最低でも6枚重なっているからか?
私はここを縫う時に手を傷めることが多いです。(;´∀`)
お気を付けくださいませ。

ここも待ち針を打った印部分を返し縫いします。
厚みがあって負荷が掛かる部分でもありますので、
針を垂直に入れるのを忘れずに、細かめの針目で縫います。

手に負担が少ない他の方法で、口布を付けられないものか?と
口布の両端に表布と裏布を別々に縫い付けて
中綴じをするという方法も試してみたのですが、
形は可愛いのですが、やっぱり昔ながらの付け方の方が
負荷が少なく、丈夫なように思います。

次回は口布の仕上げです。(*´▽`*)



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


じゅごんろ~どネットショップ

じゅごんろ~どホームページ

じゅごんろ~ど作品紹介(オーダー見本)



金平糖袋(ミツバチ)

0 件のコメント:

コメントを投稿