2017年8月29日火曜日

金平糖袋の作り方(縫い方編)1袋布90枚を繋ぐ


金平糖袋の作り方(準備編)

今回から「縫い方編」です♪
まずは袋布部分を繋いでいきます。

自由に繋いでいただいて無問題(モウマンタイ)なのですが、
今回はあくまでも基本編ということで
参考にしていただければと思います。(*´▽`*)


↑ 写真を参考に一番上の段には長方形のピースで
着物生地A・Bを交互に置きます。

その下に正方形のピースを置きますが
ヨコ(列)は同じ着物生地を。
タテ(段)は着物生地A・Bを交互に置いていきます。
長方形のピースも合わせて、1列9枚で一組になります。

着物生地に柄が入っている場合は
この時点で柄合わせも兼ねて置きます。

今回は紬(着物生地B)の柄を縦に置いたり
横に置いたりして動きを出しました。(*´▽`*)

柄合わせが出来たら90枚のピーズを縫い繋げていきます♪

まず、長方形のピースとその下にあるピースの
印の角と角を合わせて待ち針を打ちます。


↑ こんな感じです。

裏返してみると、こんな感じです。 ↓


必ず、4cmの印と合わせて待ち針を打ちます。

玉止めをして縫い始めますが、丈夫に仕立てる為に
印よりも一針内側から針を入れて返し縫いを始めます。


いろんな縫い方があると思いますが
じゅごんろ~どでは印から印までを縫います。(*´▽`*)


長方形とその下の正方形のピースが返し縫いで繋げたら、
またその下のピースを縫い繋げていきます。

1列9枚が縫い繋げられたら
新たに次の9枚を縫い繋げます。
ひたすらに縫い繋ぎます。


あしたのジョーの気持ちになって
「打つべし!」の代わりに
「縫うべし!」(≧▽≦)って感じで。

明日の為に、縫うべし。縫うべし。縫うべし!ヾ(@°▽°@)ノ

ちょっと暑苦しいでしょうか?(///∇//)




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


じゅごんろ~どネットショップ

じゅごんろ~どホームページ

じゅごんろ~ど作品紹介(オーダー見本)



シルク真綿の背負いネコ

0 件のコメント:

コメントを投稿