2018年1月28日日曜日

そのセミナーに行く前に



昨日も雪が降っていた京都です。寒い日が続いていますが皆さんお元気でしょうか(*´▽`*)

先日の「現代的スピリチュアルが苦手だ」にも書かせていただいたのですが、ネットの世界では人様を煽って、お金にしようとする人たちが沢山いたはります。それはもう私がブログを書き始めた当初からあったことなので、少なくとも6~7年は続いていることになります。誇大広告とか憶測による未来予想で人様を不安にさせる方法も、ネットのお商売としてはよくある手法です。
最近では「楽に、簡単に、誰でも稼げる」が合言葉のように使われていましたね。
といってもあめーまを離れる前なので、1年半くらい前ですね(///∇//)。

なんで騙されはるのかなー?とずっと不思議だったのですが、「欲があるから騙される」というのも事実の一つだとは思うのですが、
誰もが騙される可能性があるんですよね(´・ω・`)。

私はたまたま、犯罪を犯す人の気持ちが解らなくて、自己防衛の為にもそれを知りたいと思い、10代~20代の頃に、その頃はまだ少なかった犯罪に関する本を読み漁ったりしたので、今のところは騙されずに済んでいるのかなー?と思いました。「変人は身を助く」。そんな諺(ことわざ)はありませんが(///∇//)。

先日このtweetが流れてきたのですが、ブログを書かれている「高知県のゆきさん」のブログを、私も数年前に読ませていただいて、シェアさせていただいた事があります。「ハンドメイドで稼ごう」ブームの頃かな?アクセス数が増えすぎたので下書き保存に変更してありますが(笑)。

「キラキラ起業」って、確か元々は芦屋とか田園調布にお住いの「根っからのお金持ち」の主婦の方が、海外で習得された知識や技術などをご自宅(豪邸)で教えるお教室が始まりであったように思います。
もちろん「根っからのお金持ち」の方はお友達も皆さんお金持ちなので、いやが応にもキラキラしてしまうのです。お友達同士の内輪だけでグルグルとお金が回っている発展性のない事業でも、全く問題が無い訳です。本物さんたちは。
無理矢理に盛ってキラキラを偽装されていた訳ではないのですよね。

上辺だけを真似して「こんなにキラキラしてる私」を演出するから「イタイ」という表現をされはるのかなーと思います。「嘘が常態化されてる方は他人様の嘘にも気付かない」という法則のように同じような盛り方をされている方々が数珠繋ぎに繋がっていくのも不思議なものですね。
それでもご自身の責任で何をされようとご自由な訳ですが、問題は「なんの経験も無かった私でもこんなに稼げています!あなたもキラキラして稼ぎましょう!」ってとこなのだと思います。
いわゆるセミナービジネス、コンサルビジネスですね。

トップの方にはそれなりに人を引き付けるものがあったとしても、そこに集う方々にも同じように再現できる可能性は限りなくゼロに近いことは、ゆきさんの実録ブログにも登場される方々が実証済みですね。トップでさえ、いくらキラキラしているように見せかけても実質が伴わなければ数年で消えていかはりますね。

以前に読ませていただいた時も的確な表現をされていたのでスゴイなーと思っていたのですが、久しぶりに読ませていただいたゆきさんのブログ記事に胸が詰まる部分がありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
キラキラ起業コンサルの末路をじっくりとヲチ」←全文はこちらです。


「華やかなセンセイ方に近づいて、「あぁ、そうか。この手の女子起業ビジネスで儲けるには、私も彼らと同じこと(羽振りの良さを演出して、借金してでもセレブを装い、涼しい顔で他人を騙す)をしなくちゃいけないんだ」と早めに気づいて、センセイのものまねを実行に移せる人たちだけが稼げるようになるんですよね。」

「言われた通りにやってみたけれど、それでも売れなくてそっと消えて行くほとんどの人たちは、売れるような魅力も能力もないけれど、少なくともやっていいことと悪いことの判断はつく善良な人たちです。私はそんな人の道を踏み外さなかった方の人たちが好きです。」

「詐欺の被害者って、自分が騙されたと認めたくなくて、あるいは自分が低級な詐欺に引っかかったバカだと周囲の人たちに知られるのが怖くて、被害を訴えでない人が多いから。
この人たちは自宅でひたすらちくちく制作してる純朴なハンドメイド作家さんたちから荒稼ぎしたんですよ。
ごく控えめに表現して

腹・が・立・ち・ま・し・た。

だから、私は縁を切った後もずーっと観察してるんですよ。詐欺は引っかかるカモの数には限りがあるんです。だからいつか必ず行き詰まるし、それでもやめなきゃやがては食い詰める。その日をじーっと観察しながら待っているのです。私は執念深いので。( ̄∇ ̄)うふ♡」
ーーーーーーーーーーーーーーー

ご自身が「自称コンサル」さんを招致された責任も感じていらっしゃるご様子や、素朴で善良な方々ほど騙されていらっしゃること、騙された傷を引きずったままの方が沢山いらっしゃること。
情報を共有することが大切かなと思いました(´・ω・`)。

映画「ジグソウ:ソウ・レガシー」のレビューに書かせていただきましたが、

「人間の弱さというか脆さというか、その行為自体が「犯罪」でもないし「法に触れる」ことでもないなら「このくらいいいよね?」「みんなやってるしね?」「どうってことないでしょ?」と流される。

ほんの少しの親切心や思いやりがあれば回避できるのに、それを怠って自分の弱さに流されたが故に、誰かの命が失われてしまう。
「でも直接手を下した訳じゃない。(直接手を下した人もいますが)自分のせいじゃない。」と過ちと向き合う事も無い人たちに「ジグソウ」は罰を与えるのですが、生き延びられるチャンスも与えます。ジグソウの哲学に則ったやり方で。」

なんというか立件できないような詐欺的ビジネスってまさに、こういう感じだと思うんですよね(´・ω・`)。「他者に対する良心があれば回避できたこと」。


私もこの件に関して見て見ぬふりをすることも出来た訳ですが、このブログにはハンドメイド作家志望の方からのご質問が多いことも考えると、やっぱり書いておかないと後悔するなーと思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

仏教の観点から警鐘を鳴らされている方のブログもあります。

「世の中には、自己責任論が蔓延しておりますし、その人のために、あえて厳しくそうしているという事例も、十分承知しております。甘やかさずに、そこでより厳しくすることによって、戒められる人もいらっしゃいましょう。

でも、私も経験しましたが、受け止められる程の生来的な性質を持ち合わせていない人であったり、繊細で傷つきやすく騙されやすい人は、人生のどん底というレベルにまでうちひしがれています。」

「四六時中、あなたの財布からお金を取ることしか考えていない輩に、社会経験がまだ乏しくて免疫も無い素人が騙されるのは、不思議な事ではありません。

その上、騙されたら「騙される方が悪い、自己責任だ自業自得だ」なんて、あんまりです、踏んだり蹴ったりです。

実際に、それで命を落とす人もいらっしゃいます。」



ーーーーーーーーーーーーーーーー

私個人は「セミナー」そのものが悪いとは思っていませんし、普通に会社で招致した方のセミナーを無料で聴かせていただいて、「おー。いいお話を聞けて良かったなー」という事もあります。
企業コンサルさんのリアル知人も善良な方で、いつも誰かの為に東西奔走されています。
ブロ友さんの企業向けITコンサルさんも、ブログを通して知り合っただけの私を、無償で応援してくれはりました。

その「職業」や「仕事」が悪い訳ではなく、やはりその人が「何を書いているか」「何をやっているか」そしてその向こう側を見極める事が大切なのかなーと思います。

とはいえ、これだけ騙される方々が多いという事は、騙す側がいかに狡猾(こうかつ)で上辺を装うことに長けているかという事でもあると思います。

「繋がりが大事」と震災以来よく言われる事ではありますが、繋がってはいけない人もいます。そしてそんな方ほど、ネット上での声が大きく、人と繋がることが好きで、「上手くいっている」ように装うのが上手です。



0 件のコメント:

コメントを投稿