2017年8月19日土曜日

金平糖袋の作り方(準備編)5接着芯の裁断と用量の計算の仕方(後編)






次は袋部分の裏布の接着芯(不織布)です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
不織布接着芯(薄)[f12012]
価格:25円(税込、送料別) (2017/8/19時点)


ヨコは表布の出来上がり寸法よりも
1cm小さく、39cmの出来上がり線にします。
表布の縫い目に負荷が掛かりにくい事と、
裏布は内側に入るので表布よりも小さくしないと
出来上がった時に裏布が余ってしまうからです。

タテも裏布が余らないように
表布の出来上がり寸法よりも
1マス分プラス1~2cm、少なくします。
22cm-(1マス4cm+2cm)=16cmです。

タテヨコ共に1cmの縫い代を付けて

41cm×18cmの接着芯(不織布)を
1枚裁ちます。

そして最後の裏打ち布は口布部分の
「織りタイプの接着芯」です。




口布の接着芯もヨコの出来上がりは表布より2cm小さく計算します。
これも表布の縫い目に負荷を掛けない為です。
20cm-2cm=18cmに縫い代を2cmずつプラスします。
18cm+(2cm+2cm)=22cm。

タテは、通す紐の太さにもよるのですが今回は7cmで。
縫い代は1cmずつプラスします。
7cm+(1cm+1cm)=9cm。

22cm×9cmの接着芯(織りタイプ)を
2枚裁断します。

裏打ち布(接着芯)の用量計算の仕方と
裁断は以上です。(*´▽`*)

次はこの芯をアイロンで貼って印付けです♪



金平糖バッグ・ポーチ(朝焼け)


0 件のコメント:

コメントを投稿